通貨ペアの選び方の紹介

通貨ペアの選び方の紹介

FXとは、外国為替証拠金取引ともいわれる金融商品の1つで、主に、円と米ドル、円とユーロなど、通貨間の売買によって為替差益の獲得を目指す取引です。
通貨間と表現したように、FX取引には、2種類の通貨が登場します。そして、この通貨の組み合わせのことを、通貨ペアと表現しています。

FX会社がよく使用する表記方法は、2つの通貨の間をスラッシュで区切る形式です。例えば、米ドル/円、ユーロ/円などのように表記します。また、このスラッシュを基準にして、左側の通貨を基軸通貨、右側の通貨を決済通貨と呼びます。
通貨ペアを選ぶといった場合、決済通貨で基軸通貨を購入することを意味します。

例えば、米ドル/円の購入といった場合、それは、日本円を売り、米ドルを買うことを意味し、一方、米ドル/円の売却といった場合、それは、米ドルを売り、日本円を買うことを指します。
通常、FXの取引では、価格の高い通貨を売却して、価格の低い通貨を購入し、将来、購入した通貨の価格が上昇したときに売却して、為替差益を狙うといった方法が取られます。具体的には、為替相場が円高方向で動いている状態のときに、円を売って米ドルを買い、将来、円安に相場状況が変化したときに、米ドルを売って円に戻し、利益を狙うワケです。一般的な通貨ペア選びの方法と言えるでしょう。

ニュース

他の記事

外部リンク一覧

管理人から